ようこそゲスト

会員ログイン 新規会員登録 ショッピングカート WEBカタログ Q&A

お好きなハンガー作りませんか?

営業カレンダー

  • 2017年 12月
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31       
    今日
  • 2018年 01月
      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31    
 

●ハンガー豆知識

 
I ハンガー小史・サンワのハンガー II ハンガーの基礎知識 III ハンガーの選び方 IV 業務用ハンガーについて
 
各種ハンガー
 

III ハンガーの選び方

●服のサイズにあったハンガーを選びましょう。

服の両肩から1cm〜2cm内側に収まるハンガーがベストの大きさです。
ベストなサイズのハンガーが無い場合は、
大きいサイズのハンガーより、小さいサイズのハンガーをお選びください。

洋服のサイズに応じたハンガーサイズをご紹介します。
服のデザインや生地の種類などによって状況は変わりますのであくまでも目安とお考え下さい。同様に商品ページの品名にある婦人用、紳士用などの表記も相対的なものです。


 

●肩先が前方にゆるくカーブしているハンガーを。

肩先が平で真横に突っ張るタイプのハンガーは洋服の後ろが
突っ張ってしまう原因になります。
ハンガーの中央から肩先にかけてゆるやかに前方にカーブしている
ハンガーを選ぶことをお勧めいたします。



 

●肩の厚みはたとえばジャケットには3cm〜5cmがオススメ!

ハンガーの肩の厚みが大きいハンガーは衣服のシワの原因になる場合があります。反対に肩の厚みが薄いものは、衣服の肩落ちによる型くずれが心配、収納スペースにも限りがありますので、衣服の量と収納スペースのバランスを考えて最適なハンガーをお選びください。
 


 

●目的に合わせて選ぶ事が大切です。

肩先に厚みのあるハンガーであれば、ジャケットの立体感を損なうことなく収納できます。
肩の厚みや肩先が前カーブになっていることも重要です。
Tシャツやトレーナー等の軽衣料は厚みが薄くカーブの無いタイプでもOK
肩ヒモが掛けられるタイプやパンツ、スカートといったボトムスと一緒に掛けられるタイプなど様々なタイプのハンガーがありますので、
ご使用される目的にあわせてお選びください。


 

●シャツなどの薄手の服は、薄くてしっかりしたハンガーがオススメ!

シャツなどクリーニングに出した洋服は、
そのままワイヤーハンガーで掛け続ける方が多いのではないでしょうか?
ワイヤーハンガーは簡易的な物が多いので、シワが出来ないようにするには、 肩のラインに合った形状のハンガーがオススメです。


 


 

●パンツやスカートは、ボトム用ハンガーがオススメ!

ジャケット用のハンガーにバーが付いていて、掛けられるタイプもありますが、専用のパンツ吊りタイプのハンガーがお勧めです。
クリップでウエスト部を挟んで吊るすタイプのハンガーはパンツやスカートに折りシワが付かずキレイに収納出来ます。
プラスチック製、木製、スチロール製、金属製、etc…
色々な材質のものがありますので、お好みに合わせてお選びください。
 


このページのトップに戻る

ハンガーwebトップページに戻る