Posted on 2017.06.05

ハンガー探しの交差点で

「ハンガーのある風景」を求めていつものように徘徊中、信号で立ち止まった心斎橋交差点。

ここは大手アパレルショップや世界の有名ブランド店が軒を連ね、

季節を問わずに国内外から多くの人々が訪れるファッションスポットです。

 

まもなく各地の梅雨入りが予想される直前の、まだ少し爽やかさの残る暑さの中、

空を見上げると大きな「モナリザ」が目に飛び込んできました。

今回はハンガーとご近所のファッション&アートの話題です。

 

モナリザの下にダヴィンチと書かれたこの巨大広告のビルはルイヴィトン大阪店。

ご存知19世紀半ばフランス創業の世界的ファッションブランド。

近年はあのLVマークの製品のほかにも、世界的なアーチストとのコラボレーション製品も人気で

日本人では村上隆や草間弥生による製品が一世を風靡しました。

 

そして今回は世紀を越えてダヴィンチとのコラボ…

ではなくジェフ・クーンというアメリカの現代アート作家による作品です。

モナリザのほかにも、ゴッホやルーベンスといったヨーロッパ絵画の巨匠の作品を

LVのマークと一緒にバッグというキャンバスの中に凝縮してしまいました

 

「マスターズ」と題されたこのシリーズ

ネットで調べると小型ボストンやトートバッグが3、40万円から…。

近いうちにルーブルと同様、ウインドウ越しにそっとこのモナリザバッグたちに会いにいきます。

 

「ハンガーのある風景」

サンワ株式会社・ハンガーweb

|